永久脱毛ならエステか石鹸?ハイジニーナ脱毛除毛グッズ研究会

永久脱毛ならやっぱりエステサロンかな。でも最近は脱毛石鹸なるものも人気らしい。ハイジニーナ脱毛や、除毛クリーム、抑毛ジェルなど剛毛女子が気になるデリケートゾーンの永久脱毛などムダ毛の悩みに迫ります。

TOP PAGE ⇒ 「脱毛サロンで全身脱毛をしてもらっ」

更新日:2017/05/26

脱毛サロンで全身脱毛をしてもらっ

脱毛サロンで全身脱毛をしてもらった際、全身脱毛を終えるまでの回数と期間はどの位になると思われますか。

脱毛を望む人によっても体質や毛質に個人差があるので、脱毛は全ての人が同じ期間で終わるわけではないのです。

ただ、よく知られている全身脱毛では2~3年のうちで合計12~18回程度の回数がおよその目安です。前から、毛深いことが気がかりでした。

脱毛をしたらいいよ、と友達から教えてもらって、自分も脱毛しようと決めて、はじめに、ワキの脱毛に挑戦してみました。

脱毛の後、すぐに効果が実感できたので、ワキだけではなく、他のゾーンもしてもらいました。

肌の印象が明るくなったように思いました。

脱毛してほしいゾーンがますます増えてしまって、最後に落ち着いたのは、契約を全身脱毛にするという結果でした。スベスベの肌になっていく変化が本当に楽しいです。

脱毛ラボの店舗はどこのお店であっても駅から歩いてすぐの距離ですので、お仕事終わりや用事のついでに寄っていくことができます。

脱毛サロンという言葉を聞くと勧誘が凄そうなイメージがあるかもしれませんが、脱毛ラボではしつこい勧誘をしないよう指導していますので気楽に通うことができます。

お客様が満足しなければ費用を全て返金するくらい技術にプライドを持って営業している脱毛サロンです。

脱毛サロンでの脱毛プロセスに即効性を求めていると、がっかりし、サロン利用のデメリットとして感じるかもしれません。

なぜなら脱毛サロンで施術に使う機器は脱毛クリニックの機器よりも効果が小さいためで、当然効き目のスピードも数ランク落ちます。

脱毛の速さを最重視するのなら、脱毛サロンではなく、脱毛クリニックをおすすめします。

料金的にはクリニックの方が高くつきますが、利用回数は少なくて済むでしょう。

アトピーを持っている人が脱毛エステで施術を受けることができるかどうかですが、お店によっては断られてしまうこともあったり、医師の「脱毛しても大丈夫」という内容の同意書が要ることもあるようです。一目でアトピーだとわかるくらいに肌の状態が悪く、荒れて炎症を起こしていると、脱毛は不可能です。また、強弱に関わらずステロイドを使用している場合、炎症を起こしてしまうことも稀にあるので、気を付けるべきでしょう。脱毛サロン側の判断で施術が実行できない場合もあります。

例えば生理中は施術できない可能性があります。

ホルモンバランスが崩れ、お肌が荒れることがあるため、お肌に問題がおきるのを回避するためです。

生理などの日でも施術ができるケースもありますが、少し億劫なところもありますが、十分なアフターケアをしっかりした方がいいと思います。当たり前のことですが、施術ができない箇所はデリケートゾーンです。

脱毛クリニック等に行って、「永久脱毛完了!」と思っていても、その後、絶対毛が生えてくることがないかというと、必ずしもそうとは限りません。

毛には毛周期というものがあって、処理した期間に眠っていた毛が、後日ひょっこり生えてくる場合もあります。

施術の度に確実に毛量は減っていきますが、油断せずにワキのチェックは怠らないようにしましょう。脱毛サロンでデリケートゾーンを脱毛したとき、キレイに仕上がる上に、肌トラブルが起きにくいと言われています。ただし、全ての有名サロンがデリケートゾーンの脱毛を実施しているわけではなく公式サイトをチェックしてみてください。

デリケートゾーンの脱毛は恥ずかしいと思う方も、少なくないですが、脱毛をしてくれるのは女性ですし、自分で行うより、危なくないです。ワキの脱毛に光脱毛を利用する女性もたくさんいます。

光脱毛でムダ毛の毛根を壊すことができますから、ワキ脱毛にぴったりといえます。

レーザー脱毛より、引けを取る脱毛効果となるものの、メリットとして痛みが少なく安いです。肌にかかるダメージが少ないのも、ワキ脱毛で利用されることが多い理由でしょう。

脱毛サロンの選び方としては、予約がネットでも可能なところがお勧めします。

予約だけでなく、変更やキャンセルなどがネットでできると、すごく気も楽ですし、予約し易くなります。予約を電話でしか受け付けていない脱毛サロンの場合、電話できるのはそのサロンの営業時間中だけになるので、ついつい忘れちゃうこともあることでしょう。初めて脱毛エステに通うとすると、納得するまで脱毛しようとすると行かなければならない回数は12回以上のようです。

気になる箇所が腕や脚等、他と比べて濃くない箇所であれば、満足する方の中には、5回や6回程の方もいます。

ただ、ワキやいわゆるVIO脱毛と呼ばれる箇所のしぶとい毛が生えている箇所は、赤ちゃんのお肌の様なツルッとしたお肌にしようとすると、腕や脚等の二倍は施術回数が必要になる事と思います。実際のところ、脱毛エステの痛みはどうかというと、辛くなるような痛みはほとんどないようです。

比喩としてよく用いられるのは、肌を輪ゴムでパチンとはじいた時の痛みと近いと言われます。とはいえ、脱毛箇所によって痛いという感覚に差がありますし、同じ痛みをどう受け取るかは人によってギャップがあります。

契約前にトライアルコースなどを試してみて、耐えられそうな痛みか確かめてください。

サロンで脱毛を行う場合、6回に分けてというものが少なくありませんが、6回では施術する場所によりキレイにならないことも多々あります。個人差もありますから、6回で大丈夫だと思う方もいますが、基本回数よりも受けたいと感じることがあったりするでしょう。

基本回数以降の料金については、きちんと確認しておくと大事だと思います。

足の脱毛のために脱毛エステに行かれる場合には料金設定が簡単なところを選ぶべきです。

それに、施術完了まで何回通えばいいのか、プランの回数を受けたあと、まだ通う必要があると思ってしまう場合にはどのようになるかも、契約するまえには確認することが大事です。脚の脱毛においては約6回のコースが多く用意されていますが、施術が完了した人の中には肌の状態にあまり満足できないこともあるらしいんです。この頃の脱毛サロンの多くは、新たな契約者を獲得するために体験キャンペーンを格安料金で打ち出しています。こういった体験キャンペーンを組み合わせることで、脱毛を安価で済ませてしまうことを「脱毛サロンの掛け持ち」と言い表します。

確かに脱毛サロンの掛け持ちはリーズナブルですが、複数の脱毛カウンセリングを受けなければならず、ちょっと面倒なことかもしれません。

体験コースなどの宣伝で興味をもって脱毛エステのお店に行くと、当たり前のように高いコースに勧誘され、契約を迫られる、なんていうイメージを持っている人もいるかもしれません。しかし、最近の様子をみてみると、客を強引に誘ったりする行為を厳しく禁じているお店も増えてきています。もしお店の人に勧誘されてしまうと断るのが難しいという人はそんな「勧誘禁止」を明示した店舗を選択するべきかもしれません。ですが、体験コースなどのサービスを受けにお店に行くのなら、程度はどうあれ勧誘を受けるだろうということを頭に入れておいた方がいいかもしれません。脱毛エステが安全であるかどうかは、エステサロンごとに違ってきます。

安全を最優先する所があると思えば、こんなことで大丈夫なのか?と言いたくなる店もあるようですね。

近くの脱毛エステに行こうと思いついたら、利用者の声をしっかり調べるのが最善の方法です。付け足すなら、思い切って体験コースをやってみて、何か違和感を覚えるようであれば、「ここで退散!」と自分に言い聞かせましょう。

毛抜きで脱毛を行うというのは、ムダ毛の自己処理のやり方の中で、実は、あまりよくない方法です。

必要な道具は毛抜きだけですが、時間がかかり、埋没毛になってしまうかもしれません。

なので、毛抜きを使っての脱毛を避けたほうがよいでしょう。きれいでツルツルなお肌を目指すのなら、ダメージのかかる肌のことを考えて脱毛の方法を選ぶようにしましょう。初日を脱毛エステとの契約を交わした日として数えて8日よりも多く日数が経過していなければ、クーリングオフを選択することもできます。

ここで注意していただきたいのが、契約期間が1ヶ月よりも短い期間であったり、代金が5万円以内におさまっている場合、クーリングオフが適用できなくなってしまいます。

8日よりも日が経ってしまうと、中途解約となってしまうためなるべく早く手続きをされてください。

関連記事

メニュー


2014 永久脱毛ならエステか石鹸?ハイジニーナ脱毛除毛グッズ研究会 All Rights Reserved.

TOP
PAGE